同人イベントに関わる全ての方へ

声優

真田アサミ(さなだあさみ)

概要

▲ページトップ

経歴

1998年にラジオ番組『ヴァニラの秘密』で声優デビュー。

1999年に六本木ヴェルファーレで行われたブロッコリー主催の『デ・ジ・キャラット』公開オーディションで大賞を獲得して、デ・ジ・キャラット役を獲得。一時期、このデ・ジ・キャラット役のイメージが強かったため、ニックネームは「にょ」(デ・ジ・キャラットが口癖で語尾に「にょ」をつけることから)と呼ばれることが多かったが、最近では「アサ姉」と呼ばれることが多い。ネット上では彼女の丸顔にちなんだ「○」(読み方は未確定)というニックネームで表現される場合もあり、twitter上での自己紹介の自称にもそれが使用されている。

▲ページトップ

エピソード

甘い物が大好きで、ケーキを1ホール食べたことがある(本人曰く、「おいしいケーキだったので食べ始めたら止まらなかった」という理由のほかに、「嫌なことがあったため」というやけ食いの要素もあったらしい)。

WEBラジオ「さよなら絶望放送」のDJCD第2巻にゲスト出演した際にそのエピソードを語った結果、翌年の第53回放送でゲストに呼ばれた際に、放送日の5日後が誕生日だった彼女は、自分のために用意された誕生日ケーキ1ホールを食べさせられながら収録を行うという仕打ちを受けた。さらにその約1年後、同ラジオの第106回放送で再びゲストに呼ばれた際には、ロールケーキ1本を食べさせられながら収録を行うという、芸人のような扱いを受けた。同番組の第三回公開録音にゲスト出演した際にも、食べるのが好きな松来未祐が神谷浩史とトークをしている目の前で新谷良子とともにケーキを食べる役を与えられた。本人曰く、「この番組がきっかけで、ケーキネタを振られることが多くなった」とのこと。

またさらにその約一年後の第163回放送において三回目のゲストに呼ばれた際に、今度はアイスケーキを1ホールを食べさせられながら収録を行い、しかもお持ち帰り用としてマロンケーキ1ホールをプレゼントされるという、もうどうリアクションをしていいかわからない扱いを受けた。

同番組のページではもはや、「彼女+ケーキは定番的な組み合わせ」であるような紹介をうけており、完全にお約束ネタとして定着してしまった感がある。

デビュー10周年を迎えた2009年には、CS番組中の企画で、本人曰く「干支一周分」振りにペーパードライバー教習を受け、公道にて車を運転する(本人曰く東京の公道を走るのは初めてだった)。始めは交通量の少ないお台場での運転だったが、最終的には番組収録スタジオのある日本橋まで無事辿り着いた。

『仮面ライダー555』が好きで、『仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』の10,000人エキストラにも参加している(ただし、作品中にその姿は確認できない)。2009年3月のイベント「だっ好き」(「だってアニソンが好きなんだもん。」)では『仮面ライダー555』の曲をソロで歌っている。

『まりあ†ほりっく』で共演した小林ゆうとともに明治大学のサークルイベントに参加し、『まりあ†ほりっく』のコスプレでトークショウを行った。

▲ページトップ

コメント投稿

お名前とコメントを入力し、「投稿」ボタンを押して下さい。
コメントは会員登録なしで投稿出来ます。
投稿されたコメントは直ちに反映されますが、当サイトで問題があると判断した場合は削除されることがあります。
短時間で多数のコメントを連続投稿することは出来ません。

お名前
コメント

コメント一覧