同人イベントに関わる全ての方へ

制作スタッフ

広江礼威(ひろえれい)

概要

▲ページトップ

広江 礼威(ひろえ れい、1972年12月5日 - )は、日本の漫画家、同人作家。
神奈川県出身。
男性。血液型はO型。
イラストレーターとしても活躍しており、書籍やゲーム作品などの表紙絵も手掛けている。
代表作は『ブラック・ラグーン』。

▲ページトップ

制作作品・役職

原作・キャラクター原案
シリーズ構成

制作作品・役職一覧はこちら »

▲ページトップ

概要

10代後半に、友人から声を掛けられてゲーム会社に入社した事が作家活動のきっかけになる。
ゲーム会社を退社後、ゲーム関連のアンソロジーなどで『れっどべあ』名義で活動をしていた。

『月刊コミックコンプ』で『翡翠峡奇譚』が掲載される。
しかし、メディアワークス独立騒動で休刊し、『翡翠峡奇譚』は単行本2巻が発刊されて未完となった(『月刊コミックコンプ』には1年半ほど在籍した)。
その後、『れっどべあ』(サークル名「TEX-MEX」)名義で18禁ジャンルの同人誌などを描く。
角川書店の『月刊コミックドラゴン』で『SHOCK UP!』が連載される。
しかし、打ち切りとなった。

ワニマガジンの『コミックガム』に掲載された『PHANTOM BULLET』を描いていた頃に誘われ、『月刊サンデージェネックス』で掲載した『ブラック・ラグーン』の読み切りが好評を集め、連載へと発展して人気を集めた。

しかし、2009年に『ブラック・ラグーン』は連載を中断して長期休載した。
同人誌やtwitterなどで定期的に再開を仄めかすような発言が行われ、2012年に『月刊サンデージェネックス』で『ブラック・ラグーン』の連載が2013年の1月又は2月に再開されると報じられた。

2013年1月19日から中断箇所の連載を再開するも、2014年の単行本10巻刊行直後から、オリジナルTVアニメ作品『Re:CREATORS』の制作に携わるため再び連載を中断する。
この時期を境に『月刊サンデージェネックス』の次号予告からは名前が消えていたが、2017年1月号にて『Re:CREATORS』の描き下ろしポスターを掲載、また同年春より『ブラック・ラグーン』の連載も再開されることが併せて報じられた。

戦争物の映画やスティーヴン・キングが好きということで、自身の作品にその影響が見られる。
好きな映画は『シャイニング』、『ゾンビ』など。
銃や軍事情勢などを好み、『ブラック・ラグーン』においてもその傾向を見ることが出来る。

現在も『れっどべあ』(サークル名「TEX-MEX」)名義で同人活動を行っている。
また、2012年に『週刊少年サンデー』で連載を開始した『電波教師』の作者・東毅とは友好関係にあり、『電波教師』の登場キャラのキャラデザインを提供している。

▲ページトップ

人物

3人家族の一人っ子。
東京都生まれの神奈川県育ち。

小学生の頃からテレビゲームやミリタリーが大好きだったという。

担当にも本数を減らすよう言われる程の愛煙家だという。
銘柄は「サムタイムライト」などを愛煙。

▲ページトップ

嗜好

好きな映画は『シャイニング』、『ワイルド・ギース』など。
クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス、ジョン・ウー、サム・ペキンパーら監督作品。

好きなミュージシャンはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ラクーナ・コイルなど。

好きな銃はカラシニコフAK-74、戦車は九五式軽戦車、軍隊はソ連軍。

好きなゲームは『コール オブ デューティ』など。

好きな漫画家はいましろたかし、伊藤明弘、山田芳裕、東陽片岡など。

好きな小説家はスティーブン・キング、ギャビン・ライアル、船戸与一、ジャック・ヒギンズなど。

好きな色は赤、青系統。

▲ページトップ

コメント投稿

お名前とコメントを入力し、「投稿」ボタンを押して下さい。
コメントは会員登録なしで投稿出来ます。
投稿されたコメントは直ちに反映されますが、当サイトで問題があると判断した場合は削除されることがあります。
短時間で多数のコメントを連続投稿することは出来ません。

お名前
コメント

コメント一覧