同人イベントに関わる全ての方へ

制作スタッフ

黒星紅白(くろぼしこうはく)

概要

▲ページトップ

黒星紅白(くろぼし こうはく、1974年 - )は、日本のイラストレーター
神奈川県出身、福岡県在住。
飯塚武史(いいづか たけし)名義でも活動している。

▲ページトップ

概要

小説の表紙・挿絵やゲームのキャラクターデザインなどを手がけている。
九州産業大学芸術学部在学中にイラストレーターとしての仕事を始めた為、中退。
ラフから完成までイラストレーションは主にSAIで作成している。
ゲームソフト『サモンナイトシリーズ』のキャラクターデザインや、小説『キノの旅』の挿絵を手がけた。

茶色や灰色、黄色系統の色を好んで使用する。
子供を描く際は、そのふくよかな頬が特徴的である。

なお、2007年夏以降の時雨沢恵一作品である『学園キノ』2巻、『キノの旅』11-12巻、『メグとセロン』1-3巻では、イラストを中心とした1ページ分のあとがきを毎回掲載している。
『メグとセロン』1巻および2巻のあとがきではジャージマニアであることを告白し、3巻のあとがきでジャージのイラストを描いている。
その後、ジャージだけでなく制服もスクール水着も厚着も薄着も女子ならなんでも好きと告白し直した。

近年は『ニコニコ生放送』でコミュニティ「黒星紅白お絵かき配信」を開設し、活動を行っている。
なお、お絵かき配信よりもゲーム配信となることが多い模様。

生放送配信時、リスナーから名義の使い分けについての質問に対し「過去の仕事の関係で(黒星紅白名義は)バンプレストからNGが出た」ことを告白している。

▲ページトップ

コメント投稿

お名前とコメントを入力し、「投稿」ボタンを押して下さい。
コメントは会員登録なしで投稿出来ます。
投稿されたコメントは直ちに反映されますが、当サイトで問題があると判断した場合は削除されることがあります。
短時間で多数のコメントを連続投稿することは出来ません。

お名前
コメント

コメント一覧