同人イベントに関わる全ての方へ

制作スタッフ

佐島勤(さとうつとむ)

概要

▲ページトップ

【基本情報】
佐島 勤(さとう つとむ)は、日本の小説家。


【作風】
ジュブナイルSF研究家の三村美衣による取材では、古典SFやソノラマ文庫のSFジュブナイルからの影響が強いと語っている。
作家では夢枕獏や菊地秀行、好きな小説では菊地の『インベーダー・サマー』を挙げている。

『魔法科高校の劣等生』7巻のあとがきで「時代遅れの娯楽小説書き」という立場から「昭和の時代には特に珍しくもなく過激とも言えないレベルだが、おそらくライトノベル的には冒険だった」描写を含むと述べ、同作のプロフィール欄でも「遅れてきたジュブナイル作家」と称するなど、時代的に古い作風で描いていると本人は認めている。

執筆スタイルとしては、構成やあらすじ、書きたいシーンなどを先に考えてから本文を仕上げていくタイプ。
文字数制限を意識していれば範囲内に収められるが、意識する必要がない場合、ついつい内容を詰め込んでしまう傾向がある。
アマチュア時代から筆が早く、本業の仕事をしながらも1年あたり文庫4冊分に近いペースで執筆していた。
デビュー後は、コミカライズ作品の原作提供なども並行して行なっている。


【人物情報】
子供の頃の夢は、宇宙ロケットの開発者か、宇宙開発プロジェクトの投資家になる事だった。
文庫版『魔法科高校の劣等生』の作者プロフィールによると、日本の片田舎に生まれ、少年時代は国産・海外のスペースオペラを糧に過ごし、青年時代(就職まで)はファンタジーと伝奇小説に傾倒したという。

作風や発言には理系を思わせる一面があるが、出身地や生年月日などの詳細なプロフィールは公開されていない。
ただし菊地秀行の『吸血鬼ハンターD』(1983年1月刊)を高校時代に読んだという発言があり、その刊行後に15~18歳で読んだとすれば1964年以降生まれの計算となり、それは高校受験前(14~15歳)に「宇宙英雄ペリー・ローダン」シリーズの100巻からシリーズの購読を止めたという発言とも合致する。

「とてもきっちりした方で、性格が作風に表れている」「やはりSF系のものには一家言あるよう」と担当編集者の三木一馬は話している。

▲ページトップ

経歴

2008年から2011年の間、会社員生活のかたわら佐島勤(さとう つとむ)名義でオンライン小説を小説投稿サイトで発表する。
子供の頃から架空の世界を頭の中で組み立てるのは好きだったが、小説を書こうとした切っ掛けはWeb小説を読み始めた時点から。
第16回電撃小説大賞(2009年)に未公開のSF作品を別のペンネームで投稿した経験がある。
なお、2011年12月に投稿サイトのアカウントは削除され、現在は閲覧できない。

2011年7月に『魔法科高校の劣等生』を電撃文庫から出版し、商業デビューする。
現在も会社員を続けている兼業作家。

『電撃文庫MAGAZINE』 Vol.28(2012年11月号)からVol.33(2013年9月号)にかけて初の雑誌連載を行う(加筆して『魔法科高校の劣等生』12巻に収録)。

▲ページトップ

コメント投稿

お名前とコメントを入力し、「投稿」ボタンを押して下さい。
コメントは会員登録なしで投稿出来ます。
投稿されたコメントは直ちに反映されますが、当サイトで問題があると判断した場合は削除されることがあります。
短時間で多数のコメントを連続投稿することは出来ません。

お名前
コメント

コメント一覧