同人イベントに関わる全ての方へ

制作会社

ぎゃろっぷ(ぎゃろっぷ)

基本情報

▲ページトップ

概要

株式会社ぎゃろっぷ(英語表記:GALLOP Co.,Ltd.)は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本の企業である。
旧虫プロダクションの撮影出身でアニメ撮影スタジオ「東京アニメーションフィルム」(現:アニメフィルム)所属の撮影監督だった若菜章夫が独立して、1979年、アニメ撮影専門会社「有限会社スタジオぎゃろっぷ」を設立。
スタジオぴえろ(のち、ぴえろ)やグループ・タックなどの撮影を請け負っていた。
1983年にテレコム・アニメーションフィルムから演出の早川啓二、作画の丹内司、山内昇寿郎らスタッフが加わり、『スプーンおばさん』でグロス請けを始めた。
以後、『名探偵ホームズ』など、いくつの撮影・グロス請けをしつつ、1986年、『県立地球防衛軍』から本格的に元請制作を開始した。

1992年の『姫ちゃんのリボン』から『こどものおもちゃ』(1998年終了)に至る、「りぼん」原作・テレビ東京系列金曜18時枠の一連の作品(他に『赤ずきんチャチャ』、『ナースエンジェルりりかSOS』)で、アニメファンの注目を浴びた。

1994年、韓国の制作会社「Dong Woo Animation」と提携して海外委託ルートを確保。
制作下請け発注のほか、韓国での放送も視野に入れた作品の共同制作を行っている。

2001年2月27日に有限会社スタジオぎゃろっぷは「有限会社エス・ジー」に商号を変更し、同日、新会社「株式会社ぎゃろっぷ」が設立された。

過去には、辻初樹、渡辺はじめ、時永宜幸、小林一幸、石井邦幸などのスタッフが所属した。

▲ページトップ

コメント投稿

お名前とコメントを入力し、「投稿」ボタンを押して下さい。
コメントは会員登録なしで投稿出来ます。
投稿されたコメントは直ちに反映されますが、当サイトで問題があると判断した場合は削除されることがあります。
短時間で多数のコメントを連続投稿することは出来ません。

お名前
コメント

コメント一覧